姉の成人式で着たものを

成人式の思い出♪ 0 Comments

私には5歳違いの姉がいます。
姉は20歳の成人式の時に両親から振袖を買ってもらいました。
デパートで仕立てた振袖は若草色で、グリーンが好きな姉が真っ先に選びそうな着物でした。
ずいぶん着物の値段も高かったことと思います。
その振袖を姉が成人式で着てから、5年後…。

今度は私が成人式を迎えることになりました。
着物一式を揃えることが、とても大変でかなりのお金もかかるんだと、そばで見ていてよくわかっていた私は、母に
『私は、おねえちゃんの振袖でいいよ。わざわざ買ってくれなくていいよ。』
と言いました。

母は私には赤い振袖が似合うんじゃないかと思っていたらしいのですが、私の提案で私用の振袖は買わないことになりました。
私は特に緑色が好きな訳でもなかったし、着物に興味があったわけでもありませんでした。
なんでも良かったし、なんでもいいならおねえちゃんのでいいわぐらいに思ってました。
でも、成人式当日、初めて振袖を着たとき、なんでも良かった私のはずなのに、着物がとても魅力的に思え、大好きになってしまったのです。
着物ってこんなに素敵なものだったんだと、その日は一日嬉しかったのを覚えています。

友達と写真屋さんで記念撮影をし、家に帰ってからもすぐに脱ぐのが嫌だったくらいです。
着物の虜になった私は、その後、着付け教室にも通い、今ではひと通り着付けができるようになりました。
成人式におねえちゃんの振袖を着たあの日は、私にとっては懐かしい思い出となっています。